2011年12月8日木曜日

上園、松崎のトレードに思う。

タイガースの上園啓史投手(27)とイーグルスの松崎伸吾投手(28)の交換トレードが成立し、両球団から発表された。
 松崎には申し訳ないが、いらなかった。
 上園を出すのは別に構わないが、支配下登録の枠をあける意味でも、金銭での放出にしてほしかった。正直、中継ぎ左腕を獲得するよりも、支配下枠をあけることのほうが重要に思える。たとえ松崎以上の投手が交換相手だったとしても。
 いくら敵将といえども功労者の星野をたてるため、むげにもできないのかもしれないが、3度目の“格差婚”としか思えない。

 三度目というのはもちろん、西武に行った藤田太陽と水田、同じく江草と黒瀬のことだ。さらに言えば、川崎の獲得、加藤の獲得も理解ができない。獲得時にすでにピークを超えていたため、2人とも加入以降、ほとんど戦力になっていない。



 超一流は育たないものの、タイガースのドラフト戦略、スカウティングは悪くはないと思う。ここ最近、理解ができなかったのは去年の内野手・荒木獲得ぐらいなもので、おおむね適材適所の補強を行っている。



 だが、トレードとなると一変、ファンが納得する補強になっていない。
 上園は2007年に8勝をあげて新人王を獲得。その後、伸び悩み、11年シーズンは1軍登板すらなかった。

07年 8勝5敗 2.42
08年 4勝0敗 3.14
09年 0勝0敗 4.76
10年 3勝5敗 4.75

 これに対して松崎はどうだろう。ドラ1指名の有望株だったが
06年 0勝8敗 7.67
07年 1勝6敗 5.00
08年 登板なし・・イースタンで2勝7敗 6.72
09年 0勝0敗 6.75
10年 1勝2敗 7.13

 実にひどい結果だ。
 実際、2軍で何度も観戦しているが、やや変則の左腕で、中継ぎで出てきても5人の打者で2安打されるものの0失点といったのが平均のレベルの投手だ。失点される時も多い。松崎には本当に申し訳ないが、環境が変わったことで劇的な改善も望めないように思える。

 今回の大義名分は、中継ぎ左腕を望むタイガースと、先発の強化を図るイーグルスのトレードだそうだ。ならば、なぜ、江草を放出して黒瀬を獲ったのか。前監督や投手コーチに干されて腐っていたなどの理由はあるかもしれない。だが、鳥谷の怪我がすぐに回復するのが分かっていてのショートの補強。しかも何の戦力にもなりえていない。大和、坂の怪我を差し引いても、まったく意味が理解できない。さらに太陽に続いてのトレードということもあり、西武に弱みを握られているか、田淵の時に、何か借りができたのかなど、変な詮索までしてしまう。今回についても「星野にいいようにやられた」としか思えない。

 また、逆に不安になるのが川崎、加藤、松崎と、使えない投手はここ1~2年でチームを去ることになるだろう。こうした場合、極端な中継ぎ左腕不足に陥ってしまう。ドラフトや外国人補強で獲得できるだろうが、ならば今年、日ハムを戦力外になった林獲得に動くこともできた。

 選手の能力は数字を見ればある程度は理解できる。だが、チームの輪を乱したり、年俸の交渉で細かいことを言ってきたりと、われわれファンのレベルでは分かりえないことも多いだろう。今回のトレードは、チーム全体に及ぼす影響を考えてのトレードかもしれない。もしくは、別選手を獲得するための温情トレード、別の選手を伸ばすための刺激とするべくトレードなのかもしれない。別の選手を獲得するためのトレード要員という見方もある。

 ただ、なにはともあれトレードには「?」と思うことが多過ぎる。獲得した水田も中日を戦力外になり、ヤクルトにひろわれた。おそらくタイガースとドラゴンズの戦い方を知る意味で価値は高いし、ましてや深刻な遊撃手不足のスワローズにはもってこいだ。だが、タイガースには必要なかった。
 そして黒瀬には開花の兆しもない。本当に何年先も見据えたトレードなのか、分からない。

 こうした意味不明なことを繰り返していると、チームの編成能力が疑われるだけでなく、各種トレードの場で足元を見られることにつながりかねない。
 一事が万事。組織として緊張感が本当にあるのかどうか、疑問を感じざるを得ない。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村

6 件のコメント:

  1. SHEN232011年12月11日 7:19

    いっぽさん

     ご無沙汰しています。やっとパソコンの修理が終わりました。一安心です。約二週間ぶりのコメントをさせていただきます。

     上園のトレードに関しては、金銭の方が選手枠を空けれてよかったと思いますが、トレードは相手もいますからね。実際タイガースはロッテから久保選手を、同年齢で同じ右腕の実績がはるかに劣っていた橋本投手(金銭もプラスといううわさはありましたが)をとれていますし、川崎投手も金銭でとれたた時は「よくとれたな」と思いました。当時の川崎投手の実績面でいえば上園より上ですから。当然ピークを過ぎていたという裏があったわけですが、今年横浜で篠原投手が復活したように、実績のある投手は使い方次第で、効果的な貢献をしてくれる可能性は実績のない投手よりも大きいと思います。その典型が、落合中日の河原投手だったように思います。
     タイガースフロントの擁護をする気はないですが、トレードで成功することは一握りだと思います。なので、チャンスがない選手同士に別の可能性を与えるという意味で、「行って来い」で得する時もあれば、損をするときもあるということで、自分の中では落とし所にしています。
     あと太陽のトレードは、怪我がちな赤星の穴を埋めるため、本来なら当時のライオンズ選手会長赤田選手を獲得することで決まっていたようです。しかし発表当日の朝に、現ヤクルトの小野寺投手がトレードの情報(赤田選手への惜別の言葉)を自身のブログに書いてしまい(気持ちはわかりますが神経を疑います)ご破算になり、太陽にはすでにトレードを告げていたため、あわててまとめたのがユーティリティーの水田だったと言うのが実状だったかと。現に赤田選手は翌年にオリックスにトレードされました(トレード要員だったことはまちがいないようです)。
     また黒瀬には個人的に期待しています。少なくとも関本の後釜、化ければ新井の後釜になるのではないかと思っています。二軍戦での打撃を(テレビのみですが)観ていると、ちょっと生え抜きの若手とは物が違うとと感じさせられます。西武の打者育成はすごいですよね。そのノウハウを上手いことタイガースにも取り入れてほしいものです。
     話は戻って、松崎投手は、二軍でもストライクが入らないような感じだったのでしょうか?ドラフト当時は結構有名でしたよね。ただ松崎選手が活躍しなくても、ほかの選手の刺激にはなってほしいと思います。榎田選手は「たたき落としてでも左投手の枠は渡さない」とすでにコメントしています。まあ他の左投手陣にこそ発奮してほしいものです(岩田、能見を除く)。

     それと、前回コメント欄で教えていただいた落合氏の新著『采配』をやっと購入できました。一つ一つの言葉が鋭くかつ深く、ここで簡単に感想をまとめることはできませんが、個人的に興味深かったのは、落合氏がロッテからドラフト3位で指名される78年は、本来なら巨人が2位で落合氏を指名するはずが、江川問題で巨人がボイコットしなくなったこと。さらに前年77年のドラフトではタイガースが指名するという話をもらっていたが、結局は別の選手の指名に切り替えたといういわゆる裏話です。落合氏の入団する球団が巨人もしくはタイガースだった場合、現在の野球界の図は今とは全く変っていたかもしれませんね。それ位の野球人だと読了して感じました。

    久しぶりのコメントで、発奮して書きすぎたかもしれませんが、ご容赦ください。関西でも急に冷え込んできましたが、東北はもっと大変かと思います。体調にお気を付けください。

    返信削除
  2. SHEN23さん、しばらくです。
    今回の記事は自分でも「いいのかな」と思うぐらいの誹謗中傷ですが、タイガースの編成に抱いている自分の毒をすべて吐き出したような内容です。チーム愛の裏返しでしょうか(笑)

    今回は相手が星野元監督だったですからね。おそらくですが、このトレードは「タイガースが松崎を求めて」─というのはなかなか考えにくいので、楽天サイドからの申し出だったのかなと思います。であれば、星野も分からない男ではないと思うので、「選手枠を空けたい」という切実な思いも通じたのではないかなと、思いました。今後の付き合いもあるでしょうし、それにこれまでの功績もあるためむげにできなかったのでしょうが、緊急事態にどう対応するのか、とても疑問を感じました。若手の誰かが育成に回されるようであれば、それもかわいそうですからね。トレードはもちろん相手があってのことなので、星野を相手に賢明でギリギリの判断だったかもしれませんが、疑問に感じました。。。。
     なぜ、疑問を感じたのかの一番の理由は、やはり相手が松崎だったからかもしれません。東北ですので、楽天2軍戦をよく観戦するのですが、打たれるし、無死から四球でランナーを出したり、いいイメージがありません。横手になっているというので、多少変わり映えするかもしれませんが、現状では何の期待を抱くこともできないです。。。

     篠原、河原はよく復活できましたよね。一昨年の河原は神がかり的でしたし、ことしの篠原は良かった。ですが、なかなかタイガースで再生するような選手を見ていないためか、球団を信じていないんでしょうね。どうも「過去の実績」タイプは毛嫌いしてしまいます。久保は、まぎれもなく復活組ですが、獲得当初は、やはり同じ思いでした。そして、年俸でよくもめていたし、ロッテにとっても目の上のたんこぶ的な位置づけだったんでしょう。
    変な言い方ですが、本当にロッテにはお世話になっているというか、迷惑をかけているというか。。。

    赤田の名前も挙がってましたね。あのトレードはご破算になった時点で、すべてをやめてほしかったですね。もしくは赤田をきちんと獲得するか。。太陽はなぜ、中継ぎで使わなかったのかと思っていた期待の投手だっただけに、残念な思いがありました。

    黒瀬はいいですか。西武在籍時に何度か見ていますが、特に印象に残るタイプではありませんでした。移籍して以降は特に気にとめて見ているわけでもないので何とも言えないのですが。

    2軍戦をみて思うのですが、1軍に行って活躍ができる選手はほんと輝きが違いますね。タイガースはテレビでしか見る機会がありませんが、鳴尾浜に引っ越したいぐらい、熱烈に見たいと思っています。去年、新潟に日本シリーズが来た時は、車で5~6時間かけて駆けつけました。

    落合の本はこちら、読めていません。正月休みになりそうです。野球の見方がより奥深くなればと、期待しています。

    返信削除
  3. 和田の気心の知れた関川コーチをもらったお返しトレードですよ。金銭の予定でしたが、楽天が枠をあけておきたかったから松崎放出です。タイガースの意思は一切働いていません。

    返信削除
  4. 匿名さん、こんばんは。
    妙に納得しています(笑)
    正直、チーム内の競争原理も微妙な感じなので、裏があるのだろうと思っていたのですが。。。
    新聞やファン向けの落とし所としては「中継ぎ左腕を求めているタイガース」というのが最適でしょうからね。そこで探したところ、戦力として考えられない松崎をというところでしょうか。
    星野の剛腕にしてやられたのではなく、これがタイガースの星野に対する恩義なのかもしれませんね。
    しかし楽天は、枠をかなり空けてますね。今後、どんな補強を行っていくのやら。。。

    返信削除
  5. はじめまして。ばかなべと申します。
    いつも楽しく拝見しています。

    今回の件も激しく納得でしたが、匿名さんのコメントも非常に納得しました。ただ、やっぱり何か本質がずれているような気がします。。。

    返信削除
  6. ばかなべさん、はじめまして。
    楽しく拝見いただき、うれしい限りです。

    やはり、トレードは対人間ですし、われわれの想像しえないことがあるのでしょうね。
    ファン感情としてはどうしても、損得勘定で考えてしまいますし、損得勘定で考えれば、やはり松崎はいらなかった。
    ただ、久々の優勝の功労者でSDとして多くの選手獲得などに尽力した星野の楽天が相手。入団の経緯の真偽のほどは分かりませんが、関川がタイガースに復帰した件。色々な結果があってのトレードなのでしょうね。

    すべてにおいて、球団の当事者しか分からないことだと思います。
    ただ、球団編成上、今回のトレードは明らかに「ペケ」だと思います。

    自分としては左の中継ぎは深刻にとらえていまして、加藤、川崎の件もあり、もっと有用な中継ぎ左腕候補であってほしいなと思いました。

    返信削除